12月19日(木)、津田塾大學?芝浦工業大學?香川大學は、シンボルタワー高松において、連攜?協力に関する協定書合同締結式及び協定締結記念合同フォーラムを開催しました。
 これは、津田塾大學と香川大學、芝浦工業大學と津田塾大學が、包括連攜協定の合同締結式を実施したもので、津田塾大學と香川大學との協定では、教職員?學生の交流の推進等、教育と研究の両面にわたって広く連攜?協力を図り、雙方の學術研究の成果を共有すること等により、21世紀における両大學のさらなる発展を目指すとともに、社會にその成果を還元し、我が國の発展に寄與することを目的とします。
 連攜?協力事項は次のとおりです。
(1)教育?研究に関する事項
(2)教職員?學生の交流に関する事項
(3)その他本協定の目的に沿う事項

 本協定の締結により、學生?研究者の交流機會が増えるとともに、関連産業の振興や地域社會との連攜が拡大することが期待されます。
 また、津田塾大學と芝浦工業大學との協定締結は、內閣府地方創生支援事業「地方と東京圏の大學生対流促進事業」において、両大學が、この香川の地で交流を深めたことにより実現しました。
 締結式に続いて行われたフォーラムでは、「都市圏と地方をネットワークする女性の関係人口の増やし方~津田梅子の事例から學ぶ~」の題目で津田塾大學の髙橋裕子學長による記念講演が行われました。來賓には、文部科學省高等教育局大學振興課大學改革推進室長 平野博紀氏、香川県政策部長 大山智氏、高松市副市長 加藤昭彥氏、香川経済同友會 合田耕三氏が招かれ、3大學の學生?教職員、自治體関係者、企業関係者等から、総數150名を越える多數の參加がありました。

このページの先頭へ