香川大學は、學術の中心として深く真理を探究し、その成果を社會に還元するとともに、環瀬戸內圏の中樞都市に位置する大學であることを踏まえ、學術文化の発展に寄與することを使命とする。香川大學は、多様な學問分野を包括する「地域の知の拠點」としての存在を自覚し、個性と競爭力を持つ「地域に根ざした學生中心の大學」をめざす。香川大學は、世界水準の教育研究活動により、創造的で人間性豊かな専門職業人?研究者を育成し、地域社會をリードするとともに共生社會の実現に向けて活動することを決意し、大學が拠って立つべき理念と目標を香川大學憲章としてここに制定する。

教育
香川大學は、豊かな人間性と高い倫理性の上に、幅広い基礎力と高度な専門知識に支えられた課題探求能力を備え、國際的に活動できる人材を育成する。
(1)明確なアドミッション?ポリシーのもとに、多様な入學者選抜を行い、向學心旺盛な學生を受け入れる。
(2)教育目標の達成に向けて効果的なカリキュラムを展開し、豊かな教養と高度な専門知識が習得できる教育を行う。
(3)先進的?実踐的な教育を展開し、社會の期待に応える有為な人材を育成する。
(4)大學院を整備?拡充し、國際的に活躍できる高度専門職業人及び研究者を育成する。

研究
香川大學は、多様な価値観の融合から発想される創造的?革新的基礎研究の上に、特色ある研究を開花させ社會の諸課題の解決に向けた研究を展開する。
(1)創造的な研究の萌芽を促すとともに、その応用的展開を推進する。
(2)重點プロジェクト研究を推進し、世界最高水準の研究拠點を構築する。
(3)地域の発展に資する研究を推進する。
(4)研究分野の融合による新たな領域を創造し、特色ある學際研究を展開する。

社會貢獻
香川大學は、「知」の源泉として地域のニーズに応えるとともに、蓄積された研究成果をもとに、文化、産業、醫療、生涯學習などの振興に寄與する。
(1)社會が抱える課題に対応した実踐的提言を行い、地域の活性化に貢獻する。
(2)地域醫療の中核機関として健康増進並びに醫療福祉水準の向上に貢獻する。
(3)地域社會が求める多様な教育プログラムを提供し、知識基盤社會における學習拠點をめざす。
(4)諸外國との學術?文化交流を推進し、國際交流の拠點をめざす。

運営
香川大學は、自主?自律的な教育?研究?社會貢獻を推進するため、透明性が高く、機能性に優れた柔軟な運営體制を構築する。
(1)自己點検によって組織?制度を常に見直し、社會と時代の変化に対応しうる運営を行う。
(2)基本的人権を尊重し、國籍、信條、性別などによる差別を排除するとともに、構成員がその個性と能力を発揮しながら職務に専念できる安全かつ公正な教育?研究?労働環境を整備する。
(3)運営経費の大部分が國民から付託された資金であることを自覚し、これを適正に管理かつ有効に活用する。
(4)個人情報の保護に努めつつ、情報を積極的に公開し、社會への説明責任を果たす。

pdfリストマーク.jpg香川大學憲章(PDF:181KB)

このページの先頭へ